アンティーク シシィ ホーム その他 コラレン オールドノリタケ リンク ショップ案内 ご注文フォーム お買物ガイド




オールドノリタケで使用されている主な技法についての解説ページです。
商品ごとのコメントの中でわからない技法などありましたら、こちらでご確認下さい。


 
陶磁器の表面を立体的に装飾するオールドノリタケの代表的技法。 イッチン盛り上げ、貼り付け盛り上げ、刷毛盛り上げがあり、極めて繊細で緻密な技法です。海外でも「MORIAGE」という名称で親しまれ、高い評価を受けています。 ※イッチン盛り上げ・・・「イッチン」という絞り口をとおして液状の粘土を絞り出し、点・線・面を盛り上げていく技法のことです。

 
薄い盛り上げの上に、金液(または水金)と呼ばれる金の化合物を筆で塗り、その後に焼成することによって金で盛り上げたように見せる技法を「金盛り」といいます。品のある輝きを広く配することによって、豪華絢爛なオールドノリタケの特徴の一つです。

 
イッチンを利用して点状に盛り上げて金を被せていく技法のことで「金点盛り」とも言います。この技法は正確に揃え盛らなければならないため丁寧・丹念に行わなければならず、職人の技術が必要とされます。また水色の点盛りを水泡のようなイメージからアクアビーディングとも呼びます。

 
光沢のある不透明なガラス質で出来たエナメルで盛り上げをする技法のことを、エナメルが宝石を埋め込んだように見えることから「ジュール」と呼ばれています。赤・緑・青・黄色・ピンクと金のコンビネーションがビーディングと相まってより絢爛さを表現しています。

 
顔料にコバルト(酸化コバルト)を用いた瑠璃色のベースの上に、金彩や金点盛りを施す技法をコバルトと呼んでいます。この技法で作られた作品は華麗で品のあるものが多く欧米で人気があり、セーブル窯(フランス)のコバルトは「王者の青」として有名で、王室などの愛用品として用いられていた。

 
磁器の肌合いを残す部分にコールタールで文様を描き、溶液(フッ化水素)に浸すとコールタール以外の釉が溶けて艶がなくなり窪む。その部分に金彩などの文様をつけて表現する技法。製作に危険が伴うため、高価な商品によく使われた。  

 
刷毛・筆・スプレーなどを用いて、背景や下地の部分を濃い色から薄い色に彩色していく技法。圧搾空気を利用したスプレーによる吹きぼかし技法は明治中頃からオールドノリタケで使用された。墨絵ぼかし・ビワぼかし・円子ぼかし・薄ぼかしなどがあり、なかでもマーブルと呼ばれる大理石風彩色のものは珍重されている。

 
絵柄が印刷された転写紙を貼り付け水でぬらし、器に同じ絵柄を大量に絵付けしていく技法。ポートレートシリーズに使用されいます。大正7年からは自社でこの転写紙を製造をはじめました。  

 
浮彫彫刻を施した原型から作られた石膏型から製作される技法。あたかも浮き彫りを施したような素地のうえに彩色を施すので立体感があり、その立体感を強調するためぼかし技法が一緒に用いられることが多い。

 
柔らかい素地の上に粗い布地を押し当てて布目をつけてから焼成・彩色する技法のこと。絵画のキャンバス地に似ているため、花や風景などの図案が多く描かれた(布目部分には釉薬を施さないものが多い)。この技法を用いた作品は少なく稀少です。